生理の後にデリケートゾーンのにおいが強くなる原因と対策

日頃からデリケートゾーンのにおいを気にしている人も多いかもしれませんが、とくに生理の前後、生理中には気にするという方も多いのではないでしょうか。

また、生理の前後でにおいやにおいの強さが変化する、という方もいると思います。

では、生理の前後でどのようなことが起こった結果、デリケートゾーンのにおいが変化するのでしょうか。

生理前の場合

女性は、生理前の黄体期にはホルモンのバランスが変化することが知られています。

この時期に増えるのはプロゲステロンというホルモンで、こちらは体温を上昇させ、妊娠に必要な準備をする働きがあります。

体温が上がると汗をかく量が増え、その結果汗くさくなる、汗の中で雑菌が繁殖し体臭がつよくなる、といったことが挙げられます。

加えてこの時期には皮脂の分泌もさかんになるため、汗と皮脂のにおいがまざり、独特の体臭の原因となります。

また、皮脂、汗に加えて黄体期にはおりものの量も多くなります。

その結果、陰部がムレ、雑菌が繁殖しやすくなりデリケートゾーンのにおいがより強くなってしまいます。

つまり、生理前には汗、皮脂、そして分泌物が増えるためににおいが増すのです。

対策としては、下着をこまめにかえる、デリケートゾーンをきれいに洗う、おりものシートを使い、2~3時間に1度変える、といった方法が有効です。

生理後の場合

では、生理後はどうなのでしょうか。

不快な生理が終わった後だというのに、なんだか生理前よりもにおいがきつくなった気がする、といった方も少なくありません。

生理後ににおいがきつくなる原因は大きく分けてふたつあり、ひとつめはおりものによるもの、もうひとつが経血の残りと雑菌の繁殖によるものです。

おりものはふつう、生理前に雑菌をよせつけなくするために、徐々に酸性が強くなります。

生理が終わってもこの酸性のおりものが残っている場合、デリケートゾーンが強いにおいを発するようになります。

ふたつめは、膣内に経血が残っており、それを餌にして雑菌が繁殖してしまった結果、いやなにおいがする、というものです。

こちらは膣内の経血がきちんと排出されていないことが直接の原因ですが、雑菌の繁殖は感染症やかぶれなどさらなるデリケートゾーンのトラブルともなるので注意が必要です。

さて、こちらの対策としては膣内に残った経血やおりものを除去することが必要です。

とはいえ、これらは水で全てきれいに洗い流せるわけでなく、また素人が石鹸や素手で対処しようとすると膣内が傷つくなど、さらなるトラブルを引き起こす可能性があります。

日にち薬で徐々ににおいは軽減されていきますが、どうしても気になる場合は医師に膣内洗浄のような処置を行ってもらうとよいでしょう。

性病検査ボタン デリケートゾーン