デリケートゾーンのムレの原因と対策

デリケートゾーンの悩みのひとつであるムレは、他の人に相談しにくいものですよね。

また、ムレで嫌な思いをしているもののオシャレのためには仕方がない、と我慢している女性の方も多いのではないでしょうか。

では、デリケートゾーンのムレの不快感を少しでも軽減するためにはいったい何ができるのでしょうか。

デリケートゾーンのムレはかゆみやかぶれ、ニオイとも関係していると言われています。

特にムレが気になるのは、夏場と生理中です。夏場は高温かつ湿度が高いという気候条件に加え、汗の量が増える結果ムレやすくなります。また、多くの人が経験するのが生理中のムレ。

なるべくナプキンを変える回数を多くするように意識している方も多いと思います。

一方、中には「夏場よりも冬場の方がムレる」という方もいます。

冬は外気温が下がるため厚着をしますが、その結果衣服の通気性が悪くなることが大きな理由です。

簡単に言うと、①汗をかきやすい②通気性が悪いという2つの条件があれば、ムレ安くなると考えてよいと思います。

では、ムレをできるだけなくすためにはどういった対策ができるのでしょうか。

一つ目には、衣服の通気性を良くすることです。

タイトなジーンズよりもふわっとしたスカートのように、体を締め付けないタイプの服を選ぶようにするのがおすすめです。

また通気性の改善として、服のタイプではなく素材を変えるという方法もあります。

下着類は化学繊維ではなく綿のものを選ぶ、と言った例があります。

とはいえ、素材や服装を変えただけではあまり効果がなかった、オシャレをしたいのでどうしても下着は化学繊維のお気に入りを選びたい、と云想う方がいるのも事実です。

そういった場合におすすめなのが、生理の時に使うナプキンを変えることです。

例えば、「肌にやさしい」「通気性改善」といったポイントが取り上げられている製品を選ぶのもよいでしょう。

例えば、ナプキンではなく他の生理用品を使うという手もあります。近年、洗濯可能で使い捨てではなく環境にやさしい、経済的、といった理由から布ナプキンがしばしば取り上げられます。

布ナプキンは天然素材のものが多いため、通常のナプキンよりも肌にやさしいという長所があります。

また、使用感が気にならないという人は、布ナプキンではなくタンポンを使うのもよいでしょう。

タンポンは長時間使ったままにすると感染症の原因にもなりますが、適切な使用時間であれば経血の漏れを防ぎ、格段にムレを解消してくれます。

色々なナプキンを試してみたけれど。どうも生理中のムレが改善しない、という方は、一度ナプキンを試してみてもよいかもしれません。

性病検査ボタン デリケートゾーン