B型肝炎ウィルスC型肝炎ウィルスとは?ウィルスが肝臓に侵入し潜伏し、放置すると肝炎や肝がんを引き起こす

B型肝炎ウィルスC型肝炎ウィルス

B型肝炎ウィルスとC型肝炎ウィルスの症状とは?

B型肝炎ウィルスに感染するとまず倦怠感を感じたり食欲不振、嘔吐の症状があります。

その後皮膚や白い目の部分が黄色くなって黄疸がみられます。

C型肝炎ウィルスに感染した場合もB型肝炎のように倦怠感や食欲低下が見られ、その後肝硬変になると黄疸や体がむくんだり腹水が溜まったりもします。

感染経路は?

B型肝炎ウィルスやC型肝炎ウィルスに感染する経路として考えられるのは、性行為や注射器の使いまわし、輸血など血液による感染です。

唾液にも少量のウィルスが含まれているといわれていますが、軽いキス程度では感染しないといわれています。

検査法について

血液検査を通じて感染しているか確認することができます。検査をして1~2週間で結果が分かります。

感染したと考えられる時から3ヶ月ほど経過してから、正しい結果が得られると考えられます。

B型肝炎ウィルスはHBs抗原というB型肝炎ウィルスのタンパク質を検出する検査を行って、HBs抗原が陽性か陰性かを確認します。

C型肝炎ウィルスの場合には、C型肝炎ウィルス(HCV)への抗体を検出して、陽性か陰性かを確認することで行われます。

治療方法

B型肝炎ウィルスの治療としては抗ウィルス療法と肝庇護療法が考えられますが、慢性の場合にはウィルスを完全に排除することが困難なことから、「ウィルスが増殖しないようにして、肝炎を抑える」ということに集中します。

C型肝炎ウィルスの場合にはウィルス排除を目的としたインターフェロン療法により注射療法を行なったり、抗ウィルスの飲み薬を併用したりします。

また肝機能の改善や進展予防には肝庇護療法が行なわれます。

予防法はあるのか?

B型肝炎やC型肝炎の感染を予防するためには、他人の血液に触れないように注射器の共用などは避けて、感染可能性のあるパートナーと性行為は避けましょう。

相手が感染しているかどうか分からない場合には、コンドームを使用するなどして感染しないように十分注意しましょう。

性病検査ボタン デリケートゾーン