クラミジアとは?男性の尿道や女性の性器に感染するが放置すると生殖器に感染する

クラミジア

クラミジアの症状とは?

クラミジアは現在最も多いといわれる性感染症です。

その中でも若い女性の中に多いといわれています。

クラミジアに感染すると、女性の場合はおりものの量が増える程度なので、気が付かない危険性が高い病気です。

そのままにして置くと子宮内膜炎や卵管炎、そして子宮外妊娠したり不妊の原因になることもあり、流産や早産の原因にもなったりします。

男性が感染すると排尿時に痛みを感じたり、尿道から膿が出たりします。

そのまま放置していると前立腺炎や肝炎、腎炎になる可能性も有ります。

感染経路について 

クラミジア感染者の粘膜や体液から感染しますので、あらゆる性行為によって感染します。

また性器と性器の接触以外にも、オーラルセックスにより喉と性器という感染経路も考えられます。

またアナルセックスにより肛門の粘膜にも感染することがあります。

検査法とは?

クラミジアの検査方法としては血液検査、尿検査、おりもの検査、喉の粘膜の検査が行われるでしょう。

男性の場合には尿検査を行なって、出始めの尿で感染状態を確認することができます。

女性の場合にはおりものや膣分泌液を確認して、病原体があるかを確認します。

ですから女性は検査を行う際に抵抗を感じることもあるでしょうが、検査を行う際にはパートナーも必ず共に受けられることをお勧めします。

治療法について

男女共に抗生物質を約1週間服用することによって、クラミジアの治療を行ないます。

腹痛や発熱が見られたり炎症がひどい場合には、点滴治療が行なわれることもあります。

検査結果が陰性になるまで治療を続けることが重要です。

クラミジアの予防法

クラミジア感染はコンドームを使用して性行為を行なうことにより、予防することができるでしょう。

オーラルセックスによって喉に感染する可能性もあるので、注意しなければなりません。

クラミジア感染の可能性のあるパートナーとの性行為は控えたり、感染した疑いがある時にはきちんと検査を行うことが大切です。

クラミジアは1度の性交渉で感染する確率の高い性病なので、油断しないようにしてください。

性病検査ボタン デリケートゾーン