淋病(淋菌感染症)とは?淋菌が男性の尿道や女性器に感染するが、男性の症状ははっきり出るが女性は自覚症状が少ない

淋病

いくつかの感染症に同時に感染した状態を重複感染と言い、淋病に感染すると重複感染する可能性があがります。

理由は、感染経路が似ている病気は同じ経路で感染し易くなることと、免疫が低下している場合は様々な感染症に対して防御する力が低下するからです。

淋菌に感染していると、ほかの性感染症にも感染しやすくなります。

症状

淋病は淋菌が感染して発症する性病です。

女性が感染すると子宮に炎症が起こりおりものが増えたり悪臭がするなどの症状が見られますが、自覚症状がほとんどない場合もあります。

そのまま放置していると子宮外妊娠や不妊の原因ともなる可能性があります。

膀胱炎や膣炎のような症状が出ることもありますが、症状が軽い場合もあり、感染が見逃されがちです。

しかし症状がない場合でも、放置すると子宮頸管炎を引き起こします。

子宮頸管炎になると、粘液性のおりもの、膿のような分泌物が外子宮口付近に出ますが、多くの人に自覚症状が無いとされます。

淋菌が管内に感染拡大すると骨盤内炎症性疾患を起こしたりバルトリン腺炎(濃 瘍)、咽頭炎、直腸炎を起こすこともあります。

さらに治療せずに炎症が広がると、骨盤炎症や骨盤、子宮の痛み、卵管不妊症や子宮外妊娠といった重い症状を起こすことがあります。

感染の自覚がないまま、放置してしまうと、感染による炎症は進行するので、自分で気づかないうちに、感染症が進行していくのが女性の淋菌感染の恐ろしいところです。

感染後、子宮内膜炎、卵管炎、腹膜炎とおなかの中で炎症がつぎつぎと広がっていってしまい体に大きなダメージを与えてしまう病気です。

子宮や卵管に炎症が起きてしまうと、月経が重くなってしまったり、妊娠が難しくなってしまいます。

腹膜炎という形でお腹の中全体が炎症を起こし、臓器が癒着したりこれも不妊の原因になっていきます。

女性にとって妊娠は、とても大きな問題になので、発見が遅れると人生が大きく変わってしまいます。

症状が進行して、どうにもならない状況になってから気づいても、既に遅いのです。

おそろしいことですが、妊娠ができないだけではなく、女性の命も脅かしてしまう大きな問題なのです。
淋病は男性に症状が出やすい疾患で尿道から膿が出たり、激しい排尿時痛、症状が出ます。

淋菌に感染すると男性は症状が激しく出るので、女性に比べると非常にわかりやすいのです。

男性が主に感染するのは尿道とのど咽頭で、風俗店などでのオーラルセックス含むサービスで、喉(咽頭)の粘膜から感染していることが多いようです。

淋菌感染後3~7日の潜伏期間を経て、尿道に感染すると粘膜から感染し尿道粘膜が赤く腫れます。

感染力がとても強く、一回のセックスでの感染は30%と非常に高く、淋病と同時にクラミジアに感染している確率も高いのが特徴です。

淋病とは、性行為を通じで尿道、口腔、咽頭、目、肛門に病原体である淋菌が感染し発症する男性に多い性病(性感染症)のひとつです。

排尿痛は淋菌性尿道炎の場合は強く、尿道分泌物は淋菌性では膿性です。

淋病は、ペニス・膣・口・肛門など感染者の感染部位と接触することで感染するので、射精という行為がなくても感染します。

ですので、性器を挿入するセックスではないから安心とは、全く言えず、粘膜の接触で感染しますので、どんなセックスでも注意が必要です。

感染部位がペニスや膣以外でものどや肛門にも感染するので、愛撫やオーラルセックスでも感染します。

では、男性が淋菌に感染してしまうとどのような症状が出てくるのでしょうか。

男性の場合は尿道が感染して排尿の際の痛みや膿などの症状がありますが、人によってはほとんど自覚症状がない場合もあります。

放置していると生殖器に炎症が起こり無精子症になる可能性があります。

感染経路

淋病はセックスやオーラルセックスで感染しますが、1度の性行為で30%感染するという、強い感染力を持つ性病です。

淋菌は喉にも感染するので、性器と性器の接触だけでなく愛撫をする場合にも注意しなければならないでしょう。

このような性行為以外での感染はほとんどありません。

ただ妊娠中の場合には出産時に赤ちゃんが淋菌に感染して淋菌結膜炎や角膜潰瘍になる恐れがあり、両眼が失明する可能性もあります。

検査法

感染してから発症まで2~7日かかりますが、男性は初尿を検査して、女性の場合は子宮頚管から出てくる分泌物を検査します。

咽頭感染した場合には症状がほとんどないことが多いですが、咽頭周辺の液やうがい液で検査を行います。

治療法

淋病の治療を行なうために、筋肉注射や静脈注射で抗生剤を投与して薬を服用します。

3日以上投与して症状を見ながら再検査を行って完治したかどうか確認します。

完治していない状態で治療をストップすると、不妊や無精子症になる危険性がありますので、完全に治るまで治療を続けなければなりません。

予防法

淋菌は精液や膣液に含まれているので、淋病はあらゆる性行為によって感染します。

これを予防するためには感染者とのあらゆる性行為を行なわないことが重要です。

コンドームを使用することで防ぐことが可能ですが、正しく使用しなければ効果はありません。

オーラルセックスでも感染しますので、その際にも使用する必要があるでしょう。

挿入直前にコンドームを装着すると感染を防止できない可能性がありますので、感染者との性行為は避けるほうが無難です。

対策

淋病は、感染しても症状が出ない場合は気づかずに放置される場合があり、セックスパートナーにも感染させる危険も有りますし、パートナーが感染者の場合は自分が感染する可能性も有ります。

通常の性行為でも、性器に小さい傷が生じますし、性器に病変があれば、傷と同じようなものですから、そこから簡単に感染してしまいます。

ですので、不特定多数の方と性行為をされている場合は、パートナーの為にも自分の為にも定期的に検査をすることが最大の防御手段となります。

病院や保健所での検査に抵抗がある人や忙しくて病院へ行く時間が無い場合は、自宅で検査しキットを郵送するだけなの郵送検査を利用すると良いでしょう。

難しくもありませんし、匿名性も高くどこかの施設に出向く必要がないので、知人や家族にバレてしまう危険を回避することができます。

風俗店を利用することで、淋病に感染するケースも多くなっており、感染の疑いがある相手とは性行為を行わないことも大切です。

性的に活発な人がかかりやすい感染症なので、性交渉をする複数の相手がいる場合はこまめに検査を受けるようにしましょう。

性病検査ボタン デリケートゾーン