尖圭コンジローマとは?低リスクHPVによるイボで、レーザーや凍結により治療をする

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマの症状とは?

尖圭コンジローマとは良性型のヒトパピローマウイルス(HPV)が感染して起こる性病です。

感染すると性器や肛門の周辺などにトサカのような、または乳頭のようなイボができます。

尖圭コンジローマの感染経路

尖圭コンジローマは主に性行為によって感染します。ヒトパピローマウイルスは皮膚の粘膜の接触によって感染するので、性器や肛門周辺の粘膜が接触することによって、小さい傷などからウイルスが入り込みます。

またオーラルセックスによっても感染する可能性があり、まれに浴室やタオルなどから感染することもあります。

主に性器や肛門の周辺で感染しますが、口からの感染もあります。

検査法とは?

特に検査する方法はなく、尖圭コンジローマのイボを見て、状態や広がり具合で診断することができます。

けれどもイボだからといって尖圭コンジローマだとは限りません。

イボを見ても判断できない場合には、組織検査が行われます。

これは局部麻酔をしてイボを切り取って検査をします。

その他にも遺伝子検査によって診断することができます。

治療法について

尖圭コンジローマの治療法には様々あり、イボを焼いたり凍結療法、べセルナクリームなどで治療する方法があります。

その他にもメスでイボを切除したり、抗癌剤の入った軟膏、ポドフィリンで治療することもあります。

必ず完治するという治療法や薬はないので、治療を続けていても効果がなかったら、他の治療法に変える必要があるでしょう。

それぞれの方法に再発し易いとか、治療期間が長いなどの欠点があります。

目で見てイボがなくなったとしても、ウイルスが潜在していることがあり、再発も多い性病ですので、治療を終えたとしても3ヶ月間は様子を見るようにしましょう。

予防法とは何か?

尖圭コンジローマを予防するためには、性行為の場合にコンドームを使用するだけでは防ぐことができません。

尖圭コンジローマの症状が出ている時には性行為は避けましょう。

また、感染が見られたらパートナーも感染している可能性が高いので、共に検査を受けてきちんと完治するまで治療を続けましょう。

性病検査ボタン デリケートゾーン