梅毒とは?トレポネーマ菌が皮膚や粘膜の傷などに侵入して、血液から体中に広がる病気

梅毒

梅毒の症状とは?

梅毒はあらゆる性行為で感染する性感染症であり、感染すると約3週間後に初期症状として皮膚や粘膜に軟骨のようなシコリができて、その中心が硬くなって盛り上がります。

また太ももの付け根が腫れたりしますが、2~3週間でなくなります。

その後3ヶ月経つと顔や手足にピンク色のアザができたり、豆粒のような盛り上がったブツブツができて、3年以上経過すると皮膚組織に大きなしこりができます。

梅毒の感染経路

梅毒はトレポネーマ菌が皮膚や粘膜の傷などに侵入して、血液から体中に広がります。

セックスやアナルセックス、オーラルセックスで感染しますが、その中でもアナルセックスでの感染が多いといわれています。

口内に梅毒の病変部分があればキスでも感染することもあるといわれています。

検査法について

梅毒の検査は血液検査を行って、TP感染で生体に発症する抗体を検出して確認します。

この抗体検査にはTPを抗原とするTP法と、類脂質を抗原にするSTS法の2種類があります。

また梅毒に感染している場合にはHIVにも感染し易いので、エイズ検査も行いましょう。

治療法とは?

梅毒の治療は、ピクシリンやサワシリンなど合成ペニシリンの投与を行なうことにより行ないます。

梅毒第1期なら2~4週間、第2期なら4~8週間、第3期なら8~12週間投与して、きちんと完治するまで続けることがとても大切です。

また治療を続けても全く効果がない場合には、HIV感染の可能性があると言われています。

梅毒の予防法

梅毒はあらゆる性行為によって感染しますので、梅毒に感染したパートナーとの性行為を避けることが、予防法だといえるでしょう。

セックスだけでなくオーラルセックス、アナルセックスでも感染する可能性が高く、口内に病変部分があればキスでも感染することがあります。

梅毒に感染している可能性のあるパートナーとの性行為にはコンドームの使用をお勧めしますが、口や傷口からの感染の可能性がありますので、危険な性行為を行なった場合には病院で必ず検査を行いましょう。

梅毒感染者はHIVにも感染し易くなりますので、予防や検査に十分注意して下さい。

性病検査ボタン デリケートゾーン